2024-02-11

『幕末百話』の「瓢箪床」と『一銭職分由緒書』

 篠田鉱造さん(1871-1965)の著作に、『幕末百話』『明治百話』『幕末明治女百話』『銀座百話』など一連の百話シリーズがあり、『髪余禄』でも何回か紹介しました。今回は『幕末百話』(増補版、岩波書店、岩波文庫)より、髪結頭、髪結統領についての推察です。

2024-02-04

神戸・走水町の「乍恐口上」

 江戸時代は自由に営業できない規制社会でした。それが封建制度の一つのあらわれかもしれません。

2024-02-03

美髪王

 いまから千年以上むかしのノルウェーに「美髪王」という素晴らしい異名でよばれた王様がいました。

2023-12-27

髪結床番屋(床主)の相続

 前回、品川宿の一つ徒歩新宿(かちしんしゅく)の髪結株の動勢について紹介しました。

2023-12-11

髪結株の取得は難しかった髪結

 しながわデジタルアーカイブ

東海道一番目の宿場である品川宿の一つ徒歩新宿(かちしんしゅく)は、髪結床が自身番を兼ねる髪結床番屋だったことを前回紹介しました。

『幕末百話』の「瓢箪床」と『一銭職分由緒書』

 篠田鉱造さん(1871-1965)の著作に、『幕末百話』『明治百話』『幕末明治女百話』『銀座百話』など一連の百話シリーズがあり、『髪余禄』でも何回か紹介しました。今回は『幕末百話』(増補版、岩波書店、岩波文庫)より、髪結頭、髪結統領についての推察です。